おたより文例〜春分の日〜

2018年03月01日 更新

*rn_ln* *rn_ln*

おたより文例〜春分の日〜

春分の日について。

おたよりを書く際の参考にしてみてください。

保育Willに参加して
造形コンテンツゲット
無料会員登録


○春分の日とは、昼と夜の長さが同じで、これから夏至にかけて少しずつ昼が長く、夜が短くなっていきます。
春分の3日前から7日間を春の彼岸。
春分の日は彼岸の中日といいます。
暑さ寒さも彼岸までというとおり、暖かくて過ごしやすい気温に早くなってほしいものですね。


○春分の日は昼と夜の長さが同じになる日で、自然をたたえ、生物をいつくしむことを趣旨とした国民の祝日です。
周りの環境に感謝しながら、じっくりと自然に目を向けてみましょう。

○国民の祝日である春分の日は自然をたたえ、生物をいつくしむためとして定められました。
昼と夜がほぼ同じ長さになり、次の日から昼の時間が少しずつ長くなっていきます。
暖かくなってきた日差しを感じながら、身近なところで春探しをしてみてはいかがでしょうか。

Lineでお友達登録するとお役立ち情報を配信します!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

保育士ライフスタイルメディア|保育Willの最新情報をお届けします

Menuメニュー

Questionみんなで答えて掲示板

Ranking人気記事ランキング