【幼児クラス】ブロックを使ってひと工夫!ガタガタ模様の素材作り

2019年01月04日 更新

めっち3 めっち3

【幼児クラス】ブロックを使ってひと工夫!ガタガタ模様の素材作り

ブロックを組んで、ちょっとした製作素材ができるマシーンを作ります。ハンドルをまわして画用紙にガタガタ模様ができると、子どもたちはビックリです!

保育Willに参加して
造形コンテンツゲット
無料会員登録


ブロックとは、の概念を破ろう!

“ブロックは子どものための玩具。想像しながらお城を作ったり電車やロボットを作ることで、子どもたちの想像力が広がるのよね!”ウンウン、確かにその通りなのですが、それだけでは無いようです。今回は、ブロックを活用した素晴らしいアイデアを見つけました。

ブロックで素材を作る

ブロックで、製作遊びに利用できる素材製造機を作っちゃいましょう。画用紙にトタン屋根のようなガタガタ加工ができるブロックの組み方を紹介します。製作遊びの素材を作るため、まずは、ブロックを組み合わせて道具作りから!写真ではLEGO®ブロックで説明していますが、似たようなパーツがあれば違う会社のブロックでも組めるでしょう。

作り方

では、作り方をご紹介します。写真をじっくり見て細部まで確認しながら、ブロックを組んでみてください。子どもと「こうかな?そうそう」などと話しながら作るのも楽しいですね。器用な子どもであれば、保育士が目の前で組み上げるとスイスイ組み上げるでしょう。

①軸と土台を組む。長いブロックが固定できるように、間に小さなブロックをはさむ

②車輪を作る(すでに車輪になっていれば、それを使う)

車輪は2つ準備しましょう。紙送りもできるように、小さな車輪とひとまわり大きな車輪を準備します。

③写真のように2つの車輪を固定したら、ハンドルになりそうなパーツを準備する

④上の車輪にハンドルを取り付ける

ブロックが組めたらこう使う

車両基地の幅に画用紙を切ります。縦は細長く切り揃えましょう。

上下の車輪の間に画用紙を差し込んで、ハンドルをクルクル回します。すると、画用紙が車輪に圧縮されてガタガタとした型がついて出てきますよ。

いかがでしたか?

できた素材はそのまま画用紙などに自由に貼ってコラージュしてもいいですし、ロボットの装飾やタコの足にするなど素材に利用できます。楽しく作ってみて下さいね。

Lineでお友達登録するとお役立ち情報を配信します!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

保育士ライフスタイルメディア|保育Willの最新情報をお届けします

Menuメニュー

Questionみんなで答えて掲示板

ジョイフルライフ|本物の酵素補給サプリ

Keyword話題のキーワード

picoナーサリー
一般社団法人キッズコンサルタント協会
保育Willキャリア
幼稚園・保育園の先生が読むパステルIT新聞
09News
▲ TOP