【4歳児クラス】私は素敵なヘアデザイナー☆製作アイデア集

2018年11月13日 更新

めっち3 めっち3

【4歳児クラス】私は素敵なヘアデザイナー☆製作アイデア集

今回は髪の毛をテーマにした製作を集めてみました。勤労感謝の日にも取り入れることができそうな、職業への興味にもつながる製作です。子どもたちの中からヘアデザイナーを目指す子が出てくるかも!?

保育Willに参加して
造形コンテンツゲット
無料会員登録


トイレットペーパーの芯を使ったカットモデル人形

最終的に美容院ごっこにつなげたら面白いと思われる製作です。まず、トイレットペーパーの芯でカットモデルを作ります。画用紙に切れ込みを長く入れたら、顔を描いたトイレットペーパーの芯にくるっと巻き付けるだけ。簡単にできるので、子どもから「もっと作りたい」といわれるかもしれません。多めに素材を準備しておきましょう。カットモデルが完成したら、いよいよトイレットペーパーの芯につけた髪の毛をカット。BGMを流して美容院の雰囲気を出したらハサミでチョキチョキ。かわいく、かっこよく、美しく。どんな仕上がりになるかしら?保育士がインタビューしてみるといいですね「〇〇さん、仕上がりはいかがでしょうか?」とか。

画用紙をくるりんくるくる、平面でも立体的な作品が完成

立体作品でも平面を半立体の形にすることで面白い作品が出来上がります。平面に顔を描く、または画用紙などで切り貼りして作ります。次に長く切った画用紙を好きなだけぺたぺたと頭に貼ってあげましょう。できたらカットしてもいいし、シールやテープで髪留めのようにとめてあげるのも可愛いです。鉛筆の軸で髪をしごいてあげるとくるくるっとカールするのでパーマみたい。より立体感のある作品が出来上がりますよ。

葉っぱの髪の毛もいろんな色でおしゃれ

紅葉の時期であれば、いろんな色の葉っぱを拾い集めておきましょう。顔を描いた画用紙に木工ボンドを塗り、葉っぱを貼るだけで完成!素材の面白さとメッシュを入れたようないろんな色の混在が楽しい作品になります。木工ボンドの扱い方をしっかり説明することが必要ですが、4歳クラスであれば木工ボンドを少量ずつ紙コップに入れてすくうヘラを用意してあげましょう。「これくらいずつ使ってね」と保育士が実際にすくって量を見せてあげると納得してくれます。

絵具を吹いて動きのある髪がた完成☆

画用紙に顔を描いたら絵具をたらして吹いていきます。手で描くのとは違って、あちらこちらに絵の具が伸びていきます。意外性があって面白いので、子どもたちも笑顔で楽しめますよ。

作品に立体感が欲しければ、前にご紹介した木工ボンドで葉っぱを加える補法が使えます。

いかがでしたか?

髪の毛をテーマにした製作をご紹介しました。子どもたちはヘアカットやヘアデザインを楽しんでくれましたか?ちょっとした製作がきっかけで子どもたちの興味は深まります。世の中には色んな役割をもった人がいます。これから視野を広げていくためにも、職業に関する製作は積極的に保育に取り入れていきたいですね。

Lineでお友達登録するとお役立ち情報を配信します!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

保育士ライフスタイルメディア|保育Willの最新情報をお届けします

Menuメニュー

Questionみんなで答えて掲示板

ジョイフルライフ|本物の酵素補給サプリ

Keyword話題のキーワード

picoナーサリー
一般社団法人キッズコンサルタント協会
保育Willキャリア
幼稚園・保育園の先生が読むパステルIT新聞
09News
▲ TOP