【保育環境】モノトーンをテーマにしたおしゃれ空間

2019年05月31日 更新

めっち3 めっち3

【保育環境】モノトーンをテーマにしたおしゃれ空間

モノトーンをテーマにした、保育環境に利用できそうなアイディアを集めました。作品展などの行事の環境設定にも使えそうな、おもしろいアイディアばかりです。

保育Willに参加して
造形コンテンツゲット
無料会員登録


ライオンのトンネルは迫力満点

ライオンをモノトーンで描いてトンネルにしたトンネルです。アートな雰囲気も感じる環境設定ですね!作品展のコーナー間の仕切りに使うと面白そうです!

キャベツの断面でおしゃれクッションカバーをつくる

無地のクッションカバーもキャベツの断面をスタンプするとおしゃれな雰囲気に。布用のインクを使って子どもたちとポンポンとスタンプしていきましょう。

モノトーンストライプを集めてしまうまの装飾を

子どもたちとモノトーンのストライプを描いたら、集めてしまうまのしちゃいましょう!大きな体がなかなかの迫力で、個性的な感じに仕上がります。子どもたちとの共同制作にぴったりですね。

モノトーンの柄をつくるアイディア

保育製作に利用できる、モノトーン柄をつくるアイディアをご紹介します。さきほどご紹介した作品にも応用できそうな技法があるので注目です。

野菜の断面をストライプに

野菜の断面をストライプになるようにナイフやカッターで切り取ってみましょう。インクをつけて連続してスタンプすると、味のある柄が出来上がります。使用する野菜はジャガイモやサツマイモのような断面が加工しやすく、しっかりしたものがいいですよ。

濃淡を意識していろんな線を描く

モノトーンのいいところは、濃淡がそのままアートになるところ。スポンジや綿棒などで描くと、濃淡が出ておもしろい効果が出ます。インクは墨のほうが淡い色が柔らかく発色するのでおすすめです。

モノトーン柄を使ったオリジナルアートを作る

モノトーン柄の素材がたくさん集まったら(もしくは製作後に素材があまったら)、画用紙に貼り合わせてコラージュしてみましょう。コラージュはあるものを貼り合わせて表現するので、絵画が苦手な子どもも取り組みやすいですよね。モノトーンで作ると近代アートな作品ができますよ。

いかがでしたか?

モノトーンを活用した保育環境と素材の作り方をご紹介しました。いかがでしたか?いつもの保育製作とはちょっと違うモノクロの世界。いつもの保育製作とはちょっと違う雰囲気を子どもたちと楽しんでくださいね。

Lineでお友達登録するとお役立ち情報を配信します!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

保育士ライフスタイルメディア|保育Willの最新情報をお届けします

Menuメニュー

Questionみんなで答えて掲示板

ジョイフルライフ|本物の酵素補給サプリ

Keyword話題のキーワード

picoナーサリー
一般社団法人キッズコンサルタント協会
保育Willキャリア
幼稚園・保育園の先生が読むパステルIT新聞
09News
▲ TOP