【遊び】廃材や自然の物を利用したあそびかた

2019年09月19日 更新

めっち3 めっち3

【遊び】廃材や自然の物を利用したあそびかた

廃材や自然物を利用したあそびをご紹介します。いままでとはちょっと違う遊びができないかなと考えていたかたは、ぜひ参考にしてくださいね。



保育Willに参加して
造形コンテンツゲット
無料会員登録


コルクを使った遊び

日本にいるとそこまでなじみがない瓶のコルク栓ですが、もし大量に手に入ったときはチャレンジしたい遊びをご紹介します。

トングでつまむ

料理で使うトングをつかってコルクをつまんで遊びましょう。トングの大きさとコルクの大きさはぴったりなので、お料理をつまむ感覚でたくさんつまんでくださいね!

つまんだコルク栓は卵パックに入れていきましょう。卵パックは小さく仕切られているので、一つひとつのスペースにつまんだコルク栓をイン!時間を決めて何個卵パックに入れることができたか競争してもいいですね。

卵パックをつかった遊び

卵パックにいろんな廃材や自然物をつめこんでいきましょう。ポイントは卵パックの裏面を使っていること。裏返すと小さな溝がたくさんあるので、絵を描くようにいろんな廃材や自然物をつめこんで自分だけの作品を作ってくださいね。

廃材や自然物を使った顔づくり

廃材や自然物を利用して顔を作っていきましょう。イメージは福笑い。顔の形を描いたシートに目・くち・まゆげ・髪の毛などを廃材や自然物を乗せて描いていきます。どんな顔が楽しみですね。

ランチョンマットをキャンバスに

注目したいのが廃材を描いているキャンバス。ランチョンマットを利用しているのはアイディアですね。ランチョンマットは四角いものもありますが、写真のように丸いものもあります。キャンバスが丸になるだけで雰囲気がグッと変わります。

廃材を標本のように入れていく

廃材や自然物を標本のように並べていきましょう。四角く仕切った箱に、自分の好きな廃材や自然物をつめこんでいきます。ただつめこむだけなのですが、子どもの好きな物を並べているので一人ひとりの個性が出ます。

廃材や自然はいろんな形を準備して

廃材や自然物を使って絵を描くときには、長いもの・短いもの、大きいもの・小さいものなど、いろんな形や大きさの素材を準備してあげましょう。いろんな素材があったほうが、子どもたちが描くイマジネーションの世界が広がります。

いかがでしたか?

廃材や自然物を使った遊びをご紹介しました。いかがでしたか?接着物を使わないので、作品として残す場合は写真を撮ってあげてくださいね。子どもたちといろんな廃材や自然物を使った遊びを楽しんでください!

Lineでお友達登録するとお役立ち情報を配信します!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

保育士ライフスタイルメディア|保育Willの最新情報をお届けします

Menuメニュー

Questionみんなで答えて掲示板

ジョイフルライフ|本物の酵素補給サプリ

Keyword話題のキーワード

picoナーサリー
一般社団法人キッズコンサルタント協会
保育Willキャリア
幼稚園・保育園の先生が読むパステルIT新聞
09News
▲ TOP