【幼児クラス】春の手遊び⭐アイディア集①

2016年06月14日 更新

めっち3 めっち3

【幼児クラス】春の手遊び⭐アイディア集①

春の手遊びは、楽しいものがたくさんあります。今回は誰もが笑顔になる手遊びを集めてみました。新年度のはじまりを、子どもたちの笑顔でスタートさせましょう。

保育Willに参加して
造形コンテンツゲット
無料会員登録


チョキチョキダンス

保育園生活はスマイルで!不安顔の子どもを、一瞬で笑顔にする魔法の手遊びです。「スマイル」を何回もしているうちに、ニコニコ笑顔になりますよ。スマイルでストップ!「まわりをみてごらん。すてきな笑顔でいっぱいだね!」と言葉をかけてみてください。保育士の言葉で、子どもはもっとスマイルになります。

アブラハムの子

体を動かす手遊びです。座ってばかりが手遊びではありませんよ。みんな立って、おもいっきり楽しみましょう。歌の通りに体を動かしていると、あれれ!へんてこダンスになっちゃった。いちばんヘンテコに踊れた子は誰?保育士も負けてはいられませんよ。

おもしろメガネ

メガネをかけたら自由に動き出した!まさに、おもしろいメガネの手遊びです。メガネはとっても自由で、伸びる・笑う・上下左右に動きます。動きが単純で曲もくりかえしなので、すぐに子どもたちも覚えますよ。楽しくて元気が出る手遊び、ぜひやってみてくださいね。

どうぶつ時計

時計に興味が出たころにいかがですか?どうぶつ時計は、鳴き声で時間を知らせます。保育士は両手を時計の秒針に見立てて、時刻を示します。子どもたちは時計の秒針を想像しながら答えるので、時計に慣れてないとちょっと難しいです。手遊びするときは、小さな時計をとなりに置いたり、園庭や保育室の時計を背にするといいですね。「時計を見ながら答えてOK」と伝えてあげると、みんな参加しやすくなります。

いっぽんゆびのはくしゅ

動きが少ないので、大勢の集まりや園外保育でスペースが限られたときにピッタリです。一本指からはじめていますが、五本指から始めてもいいですよ。音が鳴るほど気分が盛り上がるので、使い分ければ上級者です。

ワンポイント

静かに進めたいことがある→五本指から
盛り上がってほしいことがある→一本指から

さくらっぱ

子どもたちが喜びそうな、不思議な動きをする手遊びです。全身を使っていますが、上半身だけでも十分に楽しさは伝わります。スペースがないところで手遊びをするときは、上半身の動きのみバージョンでやってみてくださいね。

いかがでしたか?

手遊びは、子どもたちを笑顔にさせます。お手本通りにするのが○ではありません。歌詞を変えても、振りをかえてもいいのです。アレンジを加えながら、保育士自身も自由に楽しむことが大切です。

Lineでお友達登録するとお役立ち情報を配信します!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

保育士ライフスタイルメディア|保育Willの最新情報をお届けします

Menuメニュー

Questionみんなで答えて掲示板

ジョイフルライフ|本物の酵素補給サプリ

Keyword話題のキーワード

picoナーサリー
一般社団法人キッズコンサルタント協会
保育Willキャリア
幼稚園・保育園の先生が読むパステルIT新聞
09News
▲ TOP