【水遊び】保育で使える手作り玩具⭐アイディア集①

2016年07月07日 更新

めっち3 めっち3

【水遊び】保育で使える手作り玩具⭐アイディア集①

夏になりました!毎日、暑い日が続きますが子どもたちは元気です。今回は、水遊びやプール遊びで思い切り使える手作り玩具をご紹介します。参考にしてくださいね。

保育Willに参加して
造形コンテンツゲット
無料会員登録


水遊びの時期ですね

6月後半になると、暑さとジメジメした日が続きます。あせも対策やリフレッシュに、水遊びを取り入れて快適に保育園生活を楽しみたいですね。保育園ごとに水遊びやプール遊びの開始日が決まっています。いざ開始してしまうと、思いのほかバタバタしてしまうもの。早めの時期から少しずつ水遊びの玩具を準備して、夏本番の7月にゆとりをもった指導をしていきましょう。

玉落としならぬ水落とし!?

自分の力でスタートさせ、上から下に仕掛けをたどりゴールする。そんな仕掛けはいかがでしょう。保育室の玩具に玉落としがありますか?遊び慣れていれば、乳児クラスの子どもでも一人で十分楽しめますよ。幼児クラスの子どもたちであれば、仕掛けから想像しながらごっこ遊びが楽しめますね。

長い川で舟遊び

フェンスがあれば、大胆に雨どいのようなプラスチックの半円を取り付けましょう。ペットボトルを縦に切っても代用できますね!その日かぎりでよければ耐久性に劣りますが、ジュースパックや牛乳パックを縦に切ってもいいですね。取り付けたら、端から水を流して流れをつくったり、水をためて舟遊びを楽しみましょう。幼児クラスであれば、自作の舟を浮かべると楽しいですよ。年長児は探究心がおうせい。自作の舟を作ると、改造しながら何度も遊びたくなります。工夫して遊ぶ気持ちは大切なので、一週間ほど設置してしっかり遊ばせてあげましょう。

こんなコーナーづくりはいかが?

水遊びとなると、バケツに水をためて…が定番ですね。乳児クラスと幼児クラスが混合で遊ぶと、小さい子どもたちがバケツに砂を入れ始めてしまいます。せっかくの水遊びが泥んこ遊びになっては、幼児クラスの子どもたちが遊びこめません。もし日曜大工程度の作業が得意であれば、水遊びコーナーになる台を手作りしてみませんか。高さがあるので、幼児クラスの子どもたち以外は水に手を入れることができません。水が濁ると楽しめない、色水遊びや洗濯あそびで活躍します。

手作りシャワーはワクワクするね

手作りシャワーも子どもたちは大好きです。固い素材の棒で作れたらベストですが、なかなか時間がかかります。そんなときは、ホースが使えます。ホームセンターでホースを買ってきて、プツプツと穴を空けます。ホースの先の一方をふさいだら、もう一方は蛇口にセット。高さのある場所に取り付ければOKです。

ペットボトルのジョーロ

ペットボトルの下、1/3に穴を開けるだけ。定番だけど、子どもたちは喜んでくれる手作りシャワーです。幼児クラスは穴を開けただけでいいですが、乳児クラスはキャップを口に入れてしまうので注意が必要です。ペットボトルを横から半分にカットして、持ち手をつけてあげるといいですよ。カットした切り口はするどいので、ぐるりとビニールテープで保護しましょう。

いかがでしたか?

水遊びで使える手作り玩具はたくさんありますね。素敵なアイディアを他にも見つけたので、②に続きます。あわせて参考にしてくださいね。

Lineでお友達登録するとお役立ち情報を配信します!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

保育士ライフスタイルメディア|保育Willの最新情報をお届けします

Menuメニュー

Questionみんなで答えて掲示板

ジョイフルライフ|本物の酵素補給サプリ

Keyword話題のキーワード

picoナーサリー
一般社団法人キッズコンサルタント協会
保育Willキャリア
幼稚園・保育園の先生が読むパステルIT新聞
09News
▲ TOP